葬式の考え方とは

葬式は身内のみで行う

葬式にはどういった服装で行くか

葬式は突然行われるため、どのような服装で行ったらよいのか悩みます。大人の場合は喪服を着用し光沢のないバックや靴を身につけるようにしますが、子供が制服がある場合は制服を、私服では、濃い目の色のズボンやスカートをはくようにします。葬式は故人とお別れをする大切な式であるので、子供であっても髪型に気を付けるようにしましょう。女の子の場合は髪飾りも派手でないようにし、黒色のゴムで一つにまとめるようにすると良いです。

家族葬が増えている理由。

家族葬とは家族や親しい友人のみで行う小さな葬儀になります。地域社会でお見送りをしたり、仕事関係者が集まって社葬をしたりといった形式的な葬儀ではないので、故人と家族の時間を大切に出来ます。現在の日本社会は少子高齢化が急速に進み、地域社会の結びつきも薄れている為、これからは益々家族葬が増えてゆくと考えられています。顔も知らない弔問客の対応や、参列者への気遣いに追われることなく、本当に親しい人達だけで故人を偲ぶ時間がつくれます。

↑PAGE TOP