葬儀の服装と季節

季節ごとの葬儀の服装

葬儀に参列するときは服装を調節

葬儀に参列するときの季節ごとの服装はどのように調節すればいいのでしょうか。喪服を来る時は、できるだけ肌を露出しないことがマナーとされています。女性の喪服はワンピースにジャケットを着るのが一般的ですが、夏場はジャケットを脱いでワンピースだけでも良いでしょう。その場合は、袖丈は七分袖か八分袖を選ぶようにしましょう。真冬の季節の葬儀に参列するときの服装としては、温かい長そでのインナーを着て寒さ対策をしましょう。それでも寒い場合は、中にセーターを着ても良いでしょう。また、喪服にこだわらなくても厚手のブラックスーツでしたら問題ありません。

季節ごとの葬儀での服装

葬儀での参列者の服装は、基本的に、季節を問わず男女ともに黒一色のものとなります。女性はブラックフォーマルと呼ばれる黒のワンピースやスーツ。男性はブラックスーツに白無地のワイシャツ、黒無地のネクタイが一般的です。時期に関係なくこの基本にならっていれば失礼にはなりませんので、一式揃えておくと安心です。ただ、気候的に少々つらいのが夏場。いわゆる喪服と呼ばれる装いはなるべく肌を見せないのがマナーですが、夏であれば、女性は七分袖や五分袖はOK。男性は上着を脱いだ時を考えてシャツは長袖が良いですが、フォーマルウェアのお店には生地が薄手の夏向けのものがあるので、そちらを選べば通気性はずっと良いです。葬儀での服装の気遣いは大切。ですが、体と季節とを考えた、可能な範囲での暑さ寒さ対策も大切です。

↑PAGE TOP