葬儀の子供の服装

葬儀の時の子供の服装を考える

葬儀での子供の服装とは

急な葬儀のお知らせで、一番悩んでしまうのが子供の服装です。幼稚園の制服やスーツがあれば、そういったものを着せるのがお勧めですが、まだ2歳未満の子供の場合は葬儀ではどのような服装が良いのでしょうか。実は決まったルールのようなものはありません。常識の範囲内で落ち着いた洋風を選べば良いのです。なるべく落ち着いた色合いの洋服を着れば大丈夫です。派手な柄や明るい色合いのTシャツはなるべく避けて、紺や黒・グレー・ベージュなどの色合いの洋服を着せることをお勧めします。特にそこまでうるさく言う大人もおりませんし、気にしすぎなくても大丈夫でしょう。

葬儀における子供の服装

子供が葬儀に参列する場合、どのような服装にすれば良いのでしょうか。学生ならば学生服で参列して構いません。無い場合は、黒やグレー、紺、茶など地味な色の服装にしますが、注意する点がいくつかあります。大きな柄やキャラクターが描かれたもの、光物が付いたものは避けます。できるだけ無地か、小さなワンポイント柄のものを選んでください。また、カジュアルにならないよう、生地にも気を配る必要があります。革製のものやアニマル柄は、殺生を連想させるので、葬儀ではタブーです。明るい色の髪飾りも付けないようにします。子供用の礼服は、特に買わなくても大丈夫です。親が配慮しているということが分かるようにするのが大切です。

↑PAGE TOP