葬儀の女性の服装

葬儀の時の女性の服装について

葬儀に参列する女性の服装マナー

葬儀に参列する際の女性の服装にはマナーがあります。まず、ブラックのワンピースかフォーマルスーツが基本で、夏場でも長袖や5分袖のものが望ましく、肌の露出は少ないものが良いとされています。また、ストッキングは黒で、靴は光沢のない黒が望ましいです。葬儀に参列する際は、服装の他に、女性が身につけるアクセサリーにもマナーがあります。涙を連想させる白のパールが基本で、ダイヤモンドなどの華美なものは避けたほうが良いといわれています。さらに、2連以上のネックレスは、不幸が重なるという意味があるので厳禁です。また、冬場に着用するコートの材質ですが、毛皮や革など生き物の革製のものは、殺生を意味するため着てはいけないといわれています。

葬儀の時の女性の服装

葬儀の時は何を着て行けばいいのか、取り合えず喪服でいいのかと思う方が多いと思いますが、その喪服によっても違いがあるのです。特に女性の場合ですと、夏と冬の服装では少し異なります。夏物の喪服であれば、半袖でも長袖でも構いませんが、暑いからって素肌を出しすぎるのはよくありません。今はワンピースのような喪服も出ていますが、自信がないときは冬物の服装で行くのがいいでしょう。葬儀の時は、女性の場合真珠のネックレスをつけなければいけないように思っている人もいると思いますが、必ずしもつける必要はありませんし、どうしてもつけなければいけない場合は、三千円くらいでいいのが売っているのでそれでも良いでしょう。

↑PAGE TOP