家族葬という葬儀

家族葬という葬儀では

家族葬という葬儀スタイル

家族葬と呼ばれる葬儀スタイルが増えています。ごく限られた親族のみで故人を偲ぶ事でかつての多くの弔問客の対応などを避け、遺族の精神的な負担を軽くするとしても人気があります。火葬まで行う行事が多く、じっくり故人を偲べないケースを嫌がる遺族にとっては十分に偲ぶ時間を確保できるでしょう。この他、高額になりがちな葬儀費用も家族葬にする事で無駄を省く事もできます。一方で親族以外の友人など後日訃報を聞くケースも多い為、弔問に後日訪れる事も想定されるデメリットもあります。

↑PAGE TOP