葬儀での男性の服装

葬儀での男性の服装について

葬儀では故人を偲ぶ正装を着用

葬儀や告別式に出席する場合の男性の服装は、基本的にはブラックスーツを着用します。参列する側は、個人をしのぶための正装をする意味で略式の礼服を着用します。男性が葬儀に参列する場合の服装は、ブラックスーツが一般的ですがダブルやシングル、三つぞろいのいずれのスーツでも大丈夫です。ワイシャツは白い色のものを着用し、黒い無地のネクタイを付けましょう。そして、結婚指輪以外の装飾品であるゴールドの時計やブレスレットなどは外すのが望ましいです。ネクタイピンも付けないのが通例になります。靴も、金具の付いていない黒い革靴をはきましょう。

葬儀に参加する場合の男性の服装

葬儀に参加する男性の、正式な服装はモーニングや和装になります。しかし最近ではこのような礼装を持っている人も減っており、大げさに見えてしまうこともありますので、葬儀には略礼装のブラックスーツで臨みましょう。スーツ、ネクタイ、靴、靴下、ベルトは黒の無地のもので統一します。光るものはマナー違反ですので、黒い靴でもエナメルのように光沢のあるものや、大きな金具が付いているものは避けましょう。ベルトのバックルも、できるだけ光らないものにします。カフスやネクタイピンはつけません。スーツのジャケットの下には白い無地のシャツを着ます。最近では男性でもアクセサリーを付ける方がいらっしゃいますが、結婚指輪以外は外します。遺族に失礼にならないような服装を心がけましょう。

新着情報

↑PAGE TOP